X.2人以上のプレーヤーによるプレー

1.ネット上のボールプレー

@ 相対するチームの2人のプレーヤーがネット上で同時に打った場合は、ポールが落ちた反対側のプレーヤーが最後に触れた者とみなす。したがってどちらに落下してもポールが入ったコートのチームは3回プレーすることができる。

A 2人の相対するプレーヤーが同時にタッチしたボールがコート内に落ちたときは、ポールを落とされたチームの失敗となり、コート外に落ちれば、相手側チームの失敗となる。

B ポールをネット上で相対するプレーヤーが同時にホールディングした場合に、ダブルファウルとしてプレーをやりなおす。

2.同じチームの2人のプレーヤーによるプレー

 同一チームの2人以上のプレーヤーが同時にポールをプレーした場合、そのチームのポール接触回数は1回として数える。この場合とくに、そのいずれかのプレーヤーが続いてポールに触れても反則とはならない。

3.ブロッキング

@ ブロッキングは誰でも自由に参加できる。

A ブロッキングしたときに、プロッカーの手がネットを越えていても、ポールに触れなかった場合は反則とならない。

4.ダブルファウル

 相対するチームの2人のプレーヤーが同時に個々の反則をした場合は、ダブルファウルを宣しプレーをやり直す。


ビチーボールのページへ戻る