W.ポイントあるいはサイドアウト

 次のような場合、チームは、サービングチームならばサーブ権を失う(サイドアウト)。レシービングチームならば相手側に1点を与える(ポイント)。

1.アウト・オブ・バウンズ

@ ボールがコート外の床面、物体に触れたとき。(ただし、ポールの一部がラインにかかっていれば、アウトオプバウンズにならない)

A インプレー中、ポールがネット下を通過したとき。

B ボールがアンテナ及びポール(支柱)に触れたり、アンテナの延長線上又は外側を通過したとき。

2.ホールディング

 ポールをプレーする場合、ウエストより上の身体のどの部分で打ってもよいが、静止することなくはねかえさなければならない。

3.オーバータイムス

 1チームが、ボールを相手コートに返す前に、4度以上プレーしたとき。ただし、プレー中にポールがネットに触れた場合は、5度以上プレーしたとき。

4.ドリブル

 1度ポールに触れたプレーヤーが、他のプレヤーがそのボールに触れる前に、再び続いて身体のどこかに触れた場合はドリブルとなる。ただし、一度触れたそのボールがネットに触れた場合は、再び続いてボールに触れることができる。


5.オーバーネット

@アタックおよびブロッキングの動作中、アクッカーおよびプロッカーの手がネットを越えて相手コート上にあるポールに触れたときは、オーバーネットとなる。

A 手がネットを越えていても、ポールに触れなければ反別にはならない。

B アタックまたはブロックをした後に手がネットを越えて出ても反則とはならない。

※ オーバーネットは、ポールにふれた身体の位置で判定をする。したがって、手がネットを越えていて、顔でブロックした場合に、顔がネットを越えていなければ反別とならない。

6.タッチネット

@ ポールがインプレーの状態にあるとき、プレーヤーは、身体または衣服のどの部分もネットに触れてはならない。アンテナおよび支柱に触れた場合も同様に扱う。

A 正当な位置にいるプレーヤーに、風のためネットがふくらんで触れても、タッチネットの反則は成立する。

B ポールがネットに触れ、その結果、自然にネットが相手側プレーヤーに触れた場合は反則ではなく、ポールはなおインプレーの状態にあるものとする。

7.アウト・オブ・ポジション

@ サーブされた瞬間に、プレーヤーの定位置が誤っていた場合は反則である。

A 誤りのあった間に得た得点は、反則側のチームについては取り消され、相手側チームの得点はそのまま有効となる。

B 反則が、サーブ側チームならばサイドアウトとなり、レシーブ側チームならば1点を失う。

8.インターフェアー

@ ネットにあたったポールが、ネット越しにあたるだろうと予測して、故意に手や身体をあらかじめ突き出していて触れたとき。

A ラストポールがネットにあたり、相手側プレーヤーが故意に触れたとき。

B ネット下を完全に通過しないポールに、相手側プレーヤーが故意に触れたとき。

C ネットの上、または下でネット越しに、相手コートに手または身体を出し、その動作によって相手のプレーを妨害したと判断されたとき。ただし、ネット越しに相手コートに手や身体を出しても、相手側のプレーを妨害したり、相手側のプレーヤーに触れなければ反則ではない。

D 相手側プレーヤーに対する不愉快な言動、あるいは人身攻撃、手や足による騒音を発したりして相手側プレーヤーのプレーの妨害となったとき。

9.ディレーイング・ザ・ゲーム

@ 意識的な態度でゲームを遅延させたとき。

A サーバーが、サーブ開始の吹笛後、5秒以内にサーブを行わなかったとき。

10.その他の反則

@ ポールをウエストより下の部分でプレーしたとき。

A プレーヤーは、ポールを打ち返すために味方プレーヤーにぶつかったり、またこれを押しやったりしてもよい。しかし、ボールを打つためにこれをささえようとすることはできない。


ビチーボールのページへ戻る