▲Back

'03頃のできごと


03.12.16 とやまの元気コミッティ

ん〜っとですね。
12月16日(火)、地元「北日本新聞」朝刊14面に、まんぼうさんが写真入りで紹介されています。
コミッティでは、本当の意味でのネットワークの重要性を再認識させていただきました。

03.08.27 意外と怖い表記。

「白身魚」って意外と怖い表記だと思う。何の魚かわからないわけだし。
「老後」って意外と怖い表記だと思う。老いたさらにその後を意味し、死を連想させる。
なんて考えるのは私だけだろうか?

03.06.28 PINGを打つ。

職場の後輩が、DOSプロンプトで「PING」を打っていた。

TCP/IPネットワーク診断。なんてすごい奴だ。

03.04.03 語呂が良い。

今年度の部門行動スローガンに選ばれる。
『ユーザーニーズは宝物。苦情、クレーム大歓迎!』
毎朝、全員で唱和。ん〜、なかなかいいね。

03.03.23 キリ銭狙い

東京電車利用テク。小銭入れに硬貨が多くなるといやなので、券売機で160円の切符を買う時、210円入れて、50円玉がコロリと出てきた時は、勝利の優越感を味わえます。どうだ、賢いだろう。
と、思っていたのだが、たまに、10円玉がジャラジャラと出てくることがある。
「うせぇぜ、おまえ。。。(泣)」

03.02.23 サザエさん

サザエさんのエンディング。「来週もまた見て下さいねー」のあと「んがっんぐっ」と詰まらせる。
聞く人によっては「うんがっちょっちょ」だとか「くわっつっつん」だとかいろんな意見が出る。私の場合は「ふんがふっふ」だよねーと思ってたのですが、実は、違いました。
サザエさんは口を閉じたまま「詰ーまっちゃたー」と言っているらしい。良く聞いてみるとそうなのかもしれない。

03.02.20 「和田どん」「和田かつ」

2000年の春。北陸の由緒ある太鼓工房にて。
高名な太鼓職人が太鼓魂を込めて、二つの和太鼓をつくりました。
「和田どん」「和田かつ」の誕生です。
和田家を中心とした個性豊かなキャラクターを紹介します。
「たましい」…和太鼓の魂。これが丹精こめてつくられた和太鼓に乗り移って生まれた。
「和田いぬ」…親切な和田家で飼われている礼儀正しい柴犬。ほっかむりがチャームポイント。
「バチお先生」…2人なのに1人という不思議な生きもの。太鼓の打ち方を教えてくれる先生。とっても身軽な身のこなしが自慢である。
「踊り子」…お祭りを盛り上げる愉快な仲間たち。どん子、お面小僧、ちょうちんうなぎ、イカ、かめ、なまはげ、ししまい。
「チビキャラ」…お祭り屋台に勤務。わたがし、たこやき、すずどん、水マリ子、ひよこ、きんぎょ、ちょうちん。
ドドンがドン♪太鼓の達人。まんぼうさんハマってる。

03.01.19 日本昔話「おやじがり」

むかしむかし、おじいさんとおばあさんがすんでいました。
おばあさんは川へ洗濯に行きました。
おじいさんは山へシバカれに行きました。
完(恐)

03.01.01 謹賀新年

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
このサイトも開設してから、6年目を迎えることになりました。
今後も、充実した情報発信ができるように努力していきたいと思います。


▲Back