▲Top
▲Menu

▲Back

コスモスってな〜に?


 キク科の多年草。観賞用として広く栽培される。茎は直立し、高さ1〜2mほど。
 葉は二回羽状複葉で、線形の裂片に細かく分かれ対立する。
 秋、茎上部で分岐し、その頂に径6cmほどの美しい花が咲く。頭花は周囲に8個の舌状花が並び、中心に多数の黄色い管状花が集まる。舌状花は結実せず、中心花は結実する。舌状花の色は白、淡紅、深紅色など。。

 キバナ(黄花)コスモスはやや小さく、高さ0.3〜1m程度。葉は、コスモスほど切れ込まない。花径3〜6cm。一重咲きと八重咲きがある。

[和名由来]

Cosmosから

[別称/方言]

アキザクラ、オオハルシャギク

[学名]

Cosmos bipinnatus Cav.(コスモスビピンナタス)---コスモス
属名はギリシア語で「秩序、調和、美しい、装飾」などを意味をするKosmosに由来している。
Cosmos sulphurens Cav.(コスモスサルファリアス)--キバナコスモス

[外国名]

(英)Cosmos
(和)秋桜


▲Top  ▲Menu ▲Back