キャデラック/エスカレード改造日記

新 車 購 入 編


先代のレガシーE-Tune2を4年間乗ってましたが5年目の車検の時には乗り換えるつもりだったので、思いきって乗り換える事としました。
で乗り換えた車はキャデラックのエスカレードという車。次乗り換える時はスポーツ性の高い今までの車から卒業し、大人っぽくてやんちゃっぽい車に乗りたかったんです。となるとバカでかい車が良いかな?と考えた結果アメ車が候補になりました。
少しお金に余裕ができるとみんなヨーロッパ車っていう感じなのは、みんなと同じで絶対嫌だったんです。ベンツやBMW等々はもっと歳をとってからでも乗れるしね。今しか乗れない様な車でしょ。ハマーH2と最後は悩みましたが、H2は幅的に非日常的なので実用的なエスカレードにしました。
といっても横幅と高さが2.1m。
全長が5.1mなのでランクルよりまだひと回り大きい感じです。
とりあえず、迫力一杯の車です。目立ちまくり。悪い事は絶対に出来ない感じですが、見た目は「悪」って感じを全面にかもしだしています。
キャデラックのマークも個人的には大好き。
今回購入したのは「平行物」ではなく「正規物」です。よって三井物産物です。一応中古車なんですが、走行距離が1500km/4ヶ月しか使用していない車で新車より180万程度安かった。こんな中古はめったにないです。だって正規物の中古がまずないです。さらに程度が良いとなると本当にないです。見つけていただいた「カーサービス/フクモト」に感謝です。

購入する時の候補にこのエスカレードのトラックバージョン(全長5.6m)があったんですが、これまた日本では非日常的。まずそこら辺の駐車場は絶対に入らないのであきらめました。本当は欲しかったんですが。だってカイトサーフィンの道具をトラックに積めたら、砂も入ってこなくて良いんですよね。まっ、購入して思ったのはトラックタイプは買わなくて正解でした。だってこの車がそこら辺の駐車場に入れる限界だからです。。。慣れると結構入りますよ。横幅の割には見切りが良いのとバック差ポートシステムがしっかりしているので平気です。

色はインプレッサから一緒な「白」なんですが、正確にはクリーム色かな?

当然左ハンドル。やっぱ外車乗るなら左ハンドル。って言っても右ハンドル仕様なんてこの車にはないけどね。
サウンドシステムにはBOSEが組み込まれています。鳴らしてみるとBOSEらしい迫力のあるサウンドです。特に低音の表現のしかたがいかにもアメリカっぽくて良い感じです。
それ以外でびっくりなのが、「ブルガリの時計」が入っているんです。笑うでしょ。
ハンドルにはオーディオ等のコントロールスイッチが入っていたり、オートクルーズがあったり、サンルーフがあったり、リアのエアコンが独立していたら、シートとペダルを電動でオリジナルにセット出来たりと良い感じです。特にオートクルーズは何キロでもセット出来るので高速道路では本当に便利でした。
きっと、今オーディオとエアコンが入っている所に10インチの程度のモニターをインストールすると思いますが。さらに5.1chを組み込んで迫力ある社内に仕上げていきたいと思っています。
まっ、テーマは「ラグジュアリー」な車ですからね。楽しみ。楽しみ。でもお金が大変。
日本はアメリカと違ってこういった隙間も車険が通らないのです。だから正規物(三井物産)はリアのステップバンパーと車体との間をクッションで埋めていました。
さらにアメリカの車にはバックランプがないのかな?だからこのランプも三井物産が後から付けています。
横に見えるのがバックサポート機能の一つである、バックセンサーです。これが使ってみると本当に便利。逆に言えば、慣れるまではこれがなかったらバックしにくくてしょうがないと思います。

さらにサイドミラーにあるターンライトも赤く光るからか?日本ではダメなので配線を切っていました。
でもせっかくある機能なので、購入した「カーサービス、フクモト」に無理をいって繋ぎなおしてもらいました。結構良い感じですよ。お巡りさん、お願いだから見のがして下さいよ。

で次の改造ですがホイールを17インチの純正から22インチ程度にでかくするつもりです。本当はこれ以上に大きくしたいところですが乗り心地と両立出来る所で言えばきっとこの辺のサイズが妥当でしょう。後は社内にモニターを4つ程度インストールし、5.1chにすればほとんど完成かな?

また改造したら報告しますね。