キャデラック/エスカレード改造日記

5.1ch 編


とうとう、5.1ch化しちゃいました。
今回は雰囲気だけでもと思い、センタースピーカー以外の増設はしませんでした。

写真は今までリアのエアコンスイッチがあった所にAlpine PKG-H701Sのコントローラー部分をビルトイン>

今までメインモニターの下にあったETCは、ヘッド部分に移植。
丁度良い幅があったので、丁度良いでしょ。

今回はあまりお金をかけたくなかったのでセンタースピーカーなしで、センタースピーカーの部分を両サイドのスピーカーに振る仮想5.1chも考えてみましたが、一応センタースピーカーを入れる事としました。

といってもお金かけたくはなかったので、Alpine SBS-0315というセンタースピーカー専用を購入してビルトインしてもらいました。これはMXE-M350というアンプも付属しているので超お買得です。スピーカーだけなら1万円かかってない計算。

で今までETCがあった所には何を入れたかと言うと

Alpineから出た新製品「eX-10」という商品をビルトイン。
これは簡単に言うとiPodを簡単に接続出来る商品って感じです。
僕のデッキでも聞けていたのですが、唯一の難点は日本語表示しないために曲のサーチが出来ないという事でした。

でこれをAUX接続して日本語表示を可能としたわけです。

この商品はBluetoothを内臓しているために、Bluetooth内臓の携帯電話と無線で接続出来るんです。

写真はその時のためのマイク。
まっ、今は携帯がBluetooth内臓でないので意味ないですが。

後、携帯に入っている曲もこれを使えば再生可能ですな。

これはセンタースピーカーを上からとった写真。

スピーカーが上を向いていますが、フロントガラスに反射して、ちゃんとセンターから聞こえる様に調整していただいております。

今回の改造の全体像。
やっぱり、5.1は良いですよ。
今回はリアスピーカーを純正スピーカーで鳴らしているので、本格的な物ではないですが、空間が狭いから十分に音場が広がりました。またセンタースピーカーが加わった事によって「せりふ」等もモニターからちゃんと聞こえている感じ(音の定位)がしています。またプロセッサーのコントローラーが増えた事により、内装もグレードアップした感じになりました。

後は、アンカーフック部分のメッキが剥がれてきたので補修してもらったのと、マフラーの錆をとっていただき、ブラックで塗装してもらいました。

去年はホイール買ったし、去年は内装を触ったし、結局毎年改造している様な気がしますが・・・