Play Ground

最近、各地で事故が多数報告されております。
決して危険なスポーツとは思いませんが、一歩間違えると事故につながります。
このスポーツが自然を相手にしているスポーツであることを
再度自覚する必要性を感じております。



石川県内灘海岸

僕がやっているスポーツカイトのホームゲレンデ。スポーツカイトのチームメンバーの男子はみんな大なり小なりカイトサーフィンをしているので、気温が上がってくる4月から11月ごろまでは風によってはここでやっています。ゲレンデは本当に広く車を浜に乗り付けることもできるので便利。(4WD以外はやめましょう。はまるだけです)このゲレンデは2つのショップがホームゲレンデにしているようですが、僕は迷惑をかけないように少し離れた所でやっています。でも広いので初心者から上級者まで楽しむことが出来るでしょう。北東-北西-南西でサイド・オン・サイド系の風ですが、北東の風の時は東北東になることも多く、また北東でもガスティーな時が多いです。ベストは北西-南西でしょうね。特に西-南西の予報の時はかなり良いです。冬場は日本海ですので波も高くなるので注意。

石川県塩谷海岸

最近、たまに使用しています。たぶんここも北東-北西-南西でサイド・オン・サイド系の風?北東の風で内灘海岸や鷹巣海岸が今ひとつの時(特にこの二つのゲレンデが東北東でクロスオフ)でもここはたまに北東-北で乗れることがあります。以前三国が南系の風が8m以上入ってた時でのここは北系の風が5mぐらい入っていたこともありました。困ったらここかな?ここはテトラがあるので注意が必要。あと写真ではわかりにくいですが空に飛行機が見えるのが解ります?ここは小松空港へのアプローチ下にあるので戦闘機等の飛行機も見ることができます。

福井県三国サンセットビーチ

レゼールサーフの真ん前のゲレンデ。北-西-南でサイド・オン・サイド系の風。内灘・五木海岸が南でクロスオフの時によく使用。でもガスティーな時が多い・・・。ちなみに僕は南東-南風しか乗ったことがないですが・・・。夏場は海水浴のためダメです。夏場以外もギャラリーが多くかなりの注意が必要だと思います。ここは道路や建物も近く、ビーチの幅もないので初心者はやめた方が無難でしょう。もしここでするときは最寄りのショップであるレゼールサーフに相談したほうが良いと思います。

福井県鷹巣・五木海岸

レゼールサーフのホームゲレンデの一つ。内灘と同じく北東-北西-南西でサイド・オン・サイド系の風です。内灘より風は弱い様な気がしますが、波はこちらの方が内灘海岸より綺麗に入ってくるので乗りやすいでしょう。ここも広いので初心者から上級者まで幅広く楽しむことが出来ると思います。北系は鷹巣、南系は五木が綺麗に入りやすいみたいです。最近、西〜西南西で綺麗な風が5m以上吹くことを経験していますのでこれからは五木で乗る機会が増えてくることでしょう。またレゼールサーフのショップの方々も皆さん気さくで、一緒に乗れるのは楽しいものです。。。

秋以降に行くことがあると思いますのでその時の写真を載せます。

福井県敦賀地区

国定公園?僕はこの地区で一度だけ乗りましたが良い思い出がありません。カイトが松の木にひっかかって関係の方々には大変ご迷惑をかけてしまったゲレンデです。北風が結構いつも入っていて、波が立たないので良いかな?って思いましたが場所によっては松の木が沢山ありデンジャーです。でもあの時はアップウインドも取れない時の挑戦だったの今挑戦するとまた違った印象かも?って思ってます。夏場は海水浴客が多い所も多く、無理ですが、秋からの冬型の気圧配置に備えて検討中のゲレンデです。近県では有数の強風地帯だけにほっとくのはもったいないと考えているのは僕だけでしょうか?やっぱ敦賀地区ゲレンデ開拓は重要でしょ。

滋賀県琵琶湖湖北地区・長浜地区

湖北地区は敦賀あたりが北風が入っていたり、北西風が琵琶湖に入ってくるときに行ってます。スポランさんが使われるゲレンデの一つなので、使用される時は声をかけた方が良いでしょう。琵琶湖の中でも強風地帯で風波も立たない最高のゲレンデです。ただ浜が本当に小さく道路もすぐそばを走っているし、風向きはオンなので最低でのアップウインドが確実に出来ないと使用しないほうが良いと思います。また先日、僕が連れていった友人が事故を起こしてしまいました。本当にすいませんでした。連れていった僕にも責任はあると心から思い、反省している次第です。今後このようなことがないように注意していくつもりです。長浜地区は浜もカイトをするには十分のスペースがあります。写真は湖北地区の方ですが、写真の正面から風が吹いてきます。風が入ってくるのが見えます。(ブローライン)本当に面白いです。あと30分後に吹くって言ってたら必ず吹きます。

滋賀県琵琶湖湖東地区

北西風が琵琶湖に入ってくるときに行ってます。基本的にオンの所が多いですが、等浅のため歩いて岸から離れることが出来ます。場所によっては風波もあまり立たず風さえ吹けば練習になります。しかしウインドサーフィンやジェットの方がいることも多いので注意が必要。僕も他のスポーツを楽しまれている方のじゃまにならないように注意しています。(でもじゃまになっていたらすいません。)場所は数カ所ありますが、ショップが使っている所はショップに連絡したほうが良いと思います。