水景写真(淡水)


ハイドロテラリウム(水と陸の風景を水槽で再現したアクアテラリウム)
を始めました。管理は追水だけでokです。
簡単ですのでトライしてみてはどうでしょうか?



最新のハイドロテラリウム。下記の作品No.1のリセット版。って言っても水槽も新しく購入。RESUNという会社(中国製)ですがハイドロテラリウム用水槽。値切って5000円程度のget。それも専用ライトと水中モーターもセットの値段。おどろきでしょ。

で最新のアイテムは霧発生装置。これがまた優れもの。つけっぱなしにしていると部屋の湿度が上がり過ぎるので注意が必要なんですが。。。マイナスイオンも発生し癒し効果抜群です。

引っ越しを機会にはじめてハイドロテラリウムに挑戦してみました。nissoのティポイント6に底面フィルターを追加してセッティングしてみました。低床はハイドロサンドを使用。木はショップに取り寄せてもらいそのショップで色々と組み立ててイメージを作ってから購入しました。初めてにしては上出来と思っています。これは完成後2ヶ月だった写真。ちなみに水換えは一回も行わず追水のみで維持しています。でもエビは一匹もおちていないみたいです。究極の自然界を再現出来ているかも?それにしても癒されます。
左下は南米モスとウィローモスモスを木に活着させた様子。比較的明るい緑に写っている藻は鬼コケです。
一番最近の90cm水槽のリセット直後の様子。この後完成した写真を撮るのを忘れていました。。。この時で初期セットしてから3年目弱は経っていたと思います。この辺が限界かな?その後引っ越ししたのでちゃんとしたセッティングはまだしていません。また暇ができたらちゃんとしたセッティングをしますのでその時は必ず写真を撮ってアップします。
過去の60cm水槽での水景。
過去の90cm水槽での水景。ちなみに初期セットしてから2年目の様子です。長期管理でもこれぐらいの水景を保つことは可能です。
僕の大好きなカカトオイディス。雄はヒレを広げてメスに自分の綺麗さをアピールします。トリミングした水草の上でアピールしている写真が左上。左の写真はナナの水中での花を咲かせた様子です。写真中央のつくし?みたい物がそうです。周りの水草も光合成で気泡を沢山付けていたので綺麗でした。


番外編でクリスタルレッドシュリンプの特集。現在はもうやっていませんが一時期凝っていた頃があったので、少し載せてみました。
体調は大人で2cm程度。子供にいたっては数ミリです。水質に敏感で調子良いと1ヶ月に一度程度、子供を産みますが、水質が悪くなると途端に死んでいきます。辞めたのはあまりにも水質に敏感で手間が結構かかるためです。水質はアンモニア・亜硝酸等に敏感で、PHは酸性が望ましいです。そのためPHを下げてくれる土が望ましいです。僕が使っていたのはADAのアクアソイル。当初、なかなか繁殖しなかったのですが、この土を使ってからは順調でしたが、土を入れているため土の中で悪い環境が出来ると最悪です。

最後は土の中に出来た悪い環境を改善させることが出来ずに全滅に近い状態でした。そう考えると土を入れずにウイローモス等と流木と外部フィルターのみで水質を安定させる方法をとった方が良いかもしれませんよ。

写真は大人と子供。大人にはクリスタルレッド以外にビーシュリンプも写ってますね。でも同時に飼うことをお勧めします。クリスタルレッドにはグレードがあり、交配を同種間で続けていると色が落ちてくる減少が起こります。そこでビーシュリンプと交配をたまにすることにより鮮やかな色合いに戻るわけです。