How to nature aquarium.
(現在のシステムを例にとって・・・)

私の現在行っているシステム淡水・海水共に基本的考え方は長期管理です。
少なくとも一度セットすれば1年間以上は維持出来るようなシステム。
ネイチャーアクアリウムというとどうしても淡水をイメージすると思うのですが
僕は海水においても自然界の再現を目指せたらと考えています。
そういった意味では淡水・海水共に自然界を長期的に再現するのが
真のネイチャーアクアリウムと考えます。

水槽について・・・。

ネイチャーアクアリウムは自然界の生態系を元に作成することが前提である。よって水槽を選ぶ時も自分が実現したい水景をイメージして購入するのがベストと思います。水槽には低床(砂等)や水草以外にも木や石(海水の場合はサンゴ等々)を入れるわけだし、当然、水もいれるためかなりの重さになりますので、強度は重要です。素材は大きく分けてガラスとアクリルがあります。また大きさも横幅15cmから180cm以上の物までいろいろです。

このコーナーではそういった水槽の種類とセッティングについて紹介します。

1.水槽の種類
素材としてはガラスとアクリルが主です。一般的にはガラス水槽が多用されています。理由は傷が付きにくいためだと思います。また水槽の縁(接合部)があるタイプとないタイプがあります。当然ないタイプの方が観賞するには良いですが値段も高くなります。
大きさは量販型として有名なのがW60*D30*H36です。値段も安い物だったら数千円からあります。初心者はまずこの水槽からトライしてみると良いでしょう。ただこの世界にはまってくると、どうしても大きい水槽がほしくなります。ただ大きい水槽はそれだけの容量があるため当然、重量が大きくなってしまいます。上記の一般的な60cmの水槽を基準に考えると一般的は90cm水槽で3倍・120cm水槽で4-5倍・180cmで10倍もの重量となります。60cmの重量が仮に60kgとしても120cm水槽だと240kgと重くなってしまいます。そのため床の強度等の問題も検討する必要があります。またそれだけの水を交換する手間暇もかなりのものになります。
形は好みですが、水景をまとめやすい物は2:1(横:縦)等の横長の方がうまくいきます。特に初心者には横長を勧めます。
僕は一般的な90cm水槽の縁無しと60cmの縁あり(両方ともnissoです)の2種類を管理しています。

2.セッティング
重要なことは置き場所です。条件は下記のとおりです。
1.平らな場所。
2.置く水槽をセッティングした時の重さを考えた上での床や台の強度がしっかりしていること。
3.直射日光があたらない場所。
4.電源を確保出来る場所。
5.水換えをするにあたって便利な場所。