水景写真(ベルリン水槽)


前回購入したライブロックに新たにライブロックを足してリセッティングしました。
前回購入したソフトコーラルは2シーズンの夏を越す事は出来ずにほとんどは新たに購入。
購入先は前回同様に沖縄水族館。やっぱりここのライブロックは高品質。
ここの商品をみると、地元で売っているほとんどのライブロックはデスブロックにしかみえない。




前回と同じ90cm水槽にライト6本+プロテインスキマーはPrizm Proでセッティング。ライブサンドは5〜8cmひいてあります。前回使用していたサンドに新たに沖縄水族館から10kg程度足してあります。

ライブブロックは前回の1.5倍程度を注文したので、前回の水槽に比べて倍以上のライブロックでベルリンシステムを構築してみました。量的にはもう少し多くても良いかな?とも思いますが、たまに少量のライブロックを追加していこうかな?と考えているので、スタートしては丁度良い量と思っています。
今回の水槽のメインはハタゴイソギンチャク。本当はホワイトかカラータイプの稀少な物がほしかったが金額が高額な事となかなか手に入らなかったので、今回はノーマルで我慢。カクレクマノミもペアーで購入。設置が数時間でイソギンチャクに共生しはじめました。ペアーの仲も良いみたいでイソギンチャクというベットの中でイチャイチャしています。

ヤナギカタトサカキクマメスナギンチャク。

ヤナギカタトサカは1週間ぐらいで全開でポリプを咲かしています。当初搬送されてきた時の倍以上の大きさで元気一杯。枝が多く綺麗し派手なので結構見栄えするコーラルの一つでしょうか?

キクマメスナギンチャクは環境が整えば一気に増殖するので今回はある増殖しても良い場所で設置しました。

左からイボヤギ、バブルコーラル、シャコ貝(カラー)

イボヤギは夜行性で餌付けささなくてはポリプ全開を見る事は難しいらしい。現に今回購入したソフトコーラルの中で唯一調子が悪く、一部は溶けている。。。ポリプを全開している時はかなり綺麗らしいのですが、それまではスポイトか何かで餌付けを根気よくしないとダメみたいです。

バブルコーラルは至って好調。

シャコ貝(カラー)は砂に置くのは、どうも良くないような気がしています。自然界もそうらしいが、岩に入り込んでいるらしいので、それなりの窪みに設置。取りあえずは固定している様子。一度固定して元気ならあまり動かさない方が良いらしいです。

すこし見えにくいと思いますが、黄色いのがイバラカンザシイエローで、写真中央がディスクコーラル
スターポリプ。僕はこの種が大好き。元々水草水槽出身だからかな?草っぽいし、淡水でいったらリシアみたいな感じでしょうか?環境さえあえば、増殖間違い無し。
カタトサカグリーン。
チヂミトサカパープル。この固体は搬送されていた時にはまったく元気なし。根元から剥がれるし、根元の茎部分は裂けているし、これでも元気になってきた方です。ブロックから剥がれたので、裂けていた部分を切り取り別のブロックに糸で縛り付けて活着させました。今では縛っていたヒモが食い込むぐらい元気になってきました。もうしばらくしたらヒモは切り取って撤去予定です。

キクメイシとウミキノコとオレンジスポンジ。でもこのオレンジスポンジだけは前回からの継続品です。さすがにクーラーなしの夏を2シーズン越しただけあった、しぼんじゃってます。ここから回復するのでしょうか?愉しみです。

ウミキノコはまだポリプ前回とはいかないようです。でも突起物は出て来たみたいですので、もうしばらくしたらポリプ全開といってほしいところです。

インドケヤリ(イエロー)
インドケヤリ(ノーマル)。ハードコーラル?から生えてきているのですが、他に2体ケヤリが成長していきている。このままでは密集したいになりそうです。