水景写真(海水)


引っ越しを機会に海水魚を始めてみました。
ライブロックとサンゴとイソギンチャクでの構成でチャレンジ。
今の所は順調。。。




沖縄直送のライブロックを購入。ネット等で評判が一番良かった、沖縄水族館というお店から購入。本当に生体が沢山住んでいるのが解り、生きているライブロックそのもの。これだったら良い水槽が出来そうです。現に下の写真の様にエビやらカニやらヒトデやウニ等無数の生物が出てきた。有害と思われるそれらの生体は除けてから水槽に入れたが、色々な生体を見るのもこういったライブロックを購入した時の面白み。

今回購入したサンゴ類。左の写真が全体像。写真の中央に見える(ウミキノコの上)に見えるのがカトサカ蛍光グリーン。

左下の写真はオレンジスポンジとコハナガタサンゴ。

右下の写真はタマイタダキイソギンチャクとヒユサンゴとバブルコーラル。今回のソフトコーラルの中で一番のお気に入りがバブルコーラル。光を浴びると本当に袋状の物が多数膨らみ綺麗。。。

左はウミキノコが光を受けて元気いっぱいにポリプを伸ばしていますが、イソギンチャクに触れたいた場所が変色してきたので最近になって移動。1Wぐらいで変色していた部分も回復してきた。
中央に見える魚(カトサカ蛍光グリーンとウミキノコの間)は名称不明。ライブロックに隠れていたみたいで3日後から現れた。。。形は細長いのだが、何かな?誰か教えてくれ〜〜〜。今の所、悪影響を与えていないので、しばらく飼ってみることにします。

左がタマイタダキイソギンチャクとハマクマノミのペアー。動き回るのが欠点ですが、現在は定着。なるべくレイアウトするときに大きめのくぼみを設け、そこに入れてやると定着しやすい様な感じです。

左下がシライトイソギンチャクとクマノミ。触手の調子が悪く、かなり短い。どうやら輸送のダメージでやられたみたい。クマノミも一匹は天国に・・・。ショップに言うと代わりに送ってくれたのが左のセット。本当に丁寧な対応でお勧めです。僕は今後もここで購入していきますよ。絶対に・・・。

右下がキクマメスナギンチャクの群生。球体状についているのを送ってくれた。なかなか面白い。普通は平面で群生しているのだと思いますが・・・。サンゴの周りに群生しているのでしょうね。

左はスベスベサンゴヤドカリ。左下がマガキガイ。各5匹お掃除屋として購入。ヤドカリさんは一匹天国に行かれましたが・・・。後は皆さん元気です。

右下は何か解らないがサンゴと同じソフトコーラル?生きていることは間違いないようです。ライブロックからたまに顔を出すのですが、少しでも刺激をあたえるとすぐにライブロックに隠れます。この写真を撮るときもかなり慎重に撮影しました。。。

最後に全体の構図。ライブロックは今の倍程度は増やしたい所です。現在のシステムは外部フィルターを2機可動。プロテインスキマーはPrizm Proをフル稼働。後流れをより複雑にするため、水中モーターを設け、そこに空気を入れる事でエアレーションも一緒に行っています。比重は1.022 水温は25度 PH・アンモニア・亜硝酸濃度は全て正常。 水換えは1〜3ヶ月に一回程度。量は1/3程度で行っていますが現在は順調。