ヨタカの姿は鳴き声の方向にある枯れ木を探す…とばかり思っていたが、薄暗闇では飛ぶ姿も見えないし、声の方向も変わる。枯れ松や電柱に止まっているのをやっと見つけて、いつの間に来たんだ?と音もなく飛ぶのには、まさに神出鬼没の感がする。20m先の電線に止まっているのを見つけたときはびっくりした。慌ててカメラを向けたが暗いのでピンボケだ!しっかり腕で固定してじっくりと撮ってみる。刻一刻と明るくはなるものの、薄暗さとヨタカの行動時間帯との狭間での戦いだ。カメラを種々調整しながら何とか撮ることができた。4〜5分して林へ消えて行った後は、周りの囀りシャワーとかなり明るくなった林からは、ヨタカの囀りは聞けなかった。

四季の野鳥たち


回想録・・・私流アーカイブス  



==支部報原稿==

2016初夏の思い出


 今年から全国鳥類繁殖分布調査が始まり、福井県内にも24カ所が割り当てられている。会としてもこれを機に県内の今を把握するために、5年間で3回の調査を行う方針が打ち出された。私も福井市周辺から永平寺・奥越地方の6カ所をエントリーして、20年ほど昔に幾度も歩いた林道を久しぶりに満喫した。調査地だけでなく昔の記憶をたどりながら、周辺の林道や思い出ポイントを精力的に廻ってみた。早朝であり囀りシャワーを浴びながら、注意深く且つ楽しく調査した中で、いくつかの思い出に残る出会いを体験したので報告したい。まさに「DeepMemories」だ



    Page top