四季の野鳥たち


水辺の鳥・・・最近のアルバムから









コウノトリ 3羽

2018.07.21

丹南地区から坂井平野へ飛来したコウノトリ3羽が福井市内まで来てくれた。福井の自然再生のバロメータだから、これからも居ついてほしいものだ。




 市美展 入選

アオサギ 「福井の冬」

2005.03.13

雪降る川辺で、頭と肩に積もった雪に耐えている姿が、忍耐強い「福井人」に重なって見えた。

5/18〜27 福井市美術館




アオサギ

2018.05.11

こんな大きなカエルをどう料理して食べるのかな?見流しているとこんな出会いも良いものだ。




チュウシャクシギ

2018.05.11

シギの渡りシーズンもそろそろ終わりだなぁ。ちょっと休んで北国へ行くのだが、またお盆過ぎには南へ帰るのに出会いたい。




アオアシシギ

2018.05.7

田植えが進む中で、田んぼがとても良い中継地である。チュウシャクシギやキアシシギに続いて、彼らもしっかりと北へ向かっていた。




セイタカシギ

2018.04.12

大堤のカモ類のカウント調査で、珍客がいた。セイタカシギ4個体。
スラーっとした足と白い顔はきれいだが、バックが見苦しい。




カンムリカイツブリ

2018.04.12

三国町の河口で、すっかり夏羽になった個体を見た。足羽川や日野川でも普通に見られるが、こんな夏羽はこれからだな。




キンクロハジロ

2018.03.11

北潟湖のカモ類も少なくなったが、キンクロハジロが岸辺の近くでくつろいでいた。こんな近くでは久しぶりだ。もうしばらくで北帰行だ。




イカルチドリ

2018.02.01

雪の積もった水田でも水があるところだけは解けている。そこにイカルチドリが餌を探していた。こんな時だけ出会えるからうれしい。




コハクチョウ

2018.01.07

石川県片山津温泉近くの柴山潟干拓地では多くのコハクチョウが飛来していた。水のある田んぼで採餌と鳴き交わしをして・・・可愛いなぁ。。




カワセミ

2017.12.06

岸辺から微かな鳴き声が聞こえてきた。小枝に止まってしっかりとコバルトブルーを見せてくれた。




トモエガモ 

2017.12.06

足羽川で久しぶりに出会った。オス2羽、メス1羽でした。コガモの中に混じっていて、岸辺の薮の陰から出てきたのがラッキーだった。

Page top