いま なぜかブームのウミウシ 出版物に載るのはものばかり

南洋のウミウシだけが ウミウシじゃない 日本海にもたくさんのウミウシがいるんです


1950年 高岡高等高校の生物クラブに与えられたテーマが 何の得にもならない「ウミウシ」

若い彼等の好奇心に火をつけたのが

「一体どれくらいの後鰓類が日本海にいるのかこれからの調査が楽しみですネ」

斬界の第一人者であった馬場菊太郎博士の特別講演(1951)の結びの言葉です

以来 調査研究は後輩に連綿と受継がれ 生物クラブOBが継承し

富山湾を中心に津軽〜隠岐に至る中部日本海沿岸で後鰓類の観察を続ける高岡生物研究会


このサイトは 調査研究の集大成として刊行しているCD図鑑「日本海のウミウシ」の一部を編集し

最新画像も追加収載してお届けしています



©2003-2006,高岡生物研究会 Takaoka Biological Club All Rights Reserved.

to Top Page