池ノ山



池の山の三等三角点

所在地富山市(旧)大山町、飛騨市神岡町
池ノ山 アプローチ茂住から林道に入り長棟集落跡を超えて清五郎谷へ
登山口標高1300m
標   高1368m
標高差単純68m
沿面距離往復1.4Km
登山日2020年6月20日
天 候霧雨
同行者岩城
コースタイム 登山口(1時間50分)稜線(45分)頂上<休憩25分>(10分)稜線(15分)登山口
登り2時間35分+降り25分=歩行3時間
歩行3時間+休憩25分=合計3時間25分



カシミール五万図


カシミール五万図


山旅倶楽部一万二千図


 池の山は私が子供の頃(小学生~中学生)に何回か登ったことがある山である。「大津山」からトンネル入口(鉱口?)までのほぼ水平道(通勤路?)を距離2Km弱、標高差300m歩いた所が登山口だった。


草が生いしげりはじめて走行を阻む

車をなんとか前回と同じ所までいれることが出来た

 そこには鉱口があり、まっすぐなトンネルを2Km歩くと長棟に抜けられた。長棟への最短距離の道だった。
 坑道は真っ暗で水がしたたり落ちていた。子供の頃はそれなりに怖い道だった。


作業道の終点広場(取り付き)

藪漕ぎの入口

 そのトンネルの脇から池の山への登山道があった。途中に地蔵様が安置されている岩壁があったような記憶がある。が、ほとんど記憶の彼方に消えかけている。


藪をチェンソーで刈り開けて少し歩きやすくした

 林道(作業道?)は雨の影響で前回より悪くなっていた。草も生い茂り、両側から行く手を阻む。何カ所か岩城が車から降りて後ろから押してくれた。何とか前回(5月8日)と同じ所まで車を乗り入れる。


稜線に出る この先に私が生まれ育った「大津山」があった

 林道の終点広場から藪に入る。稜線までの距離は250mぐらいだ。今回はチェンソーをふたつ持ち込んで尾根筋を少し刈り開けた。
 登山道とまでは言えないが、普通に歩ける程度にはなったと思う。


稜線上の境界見出標の標識

境界見出標

 2時間をかけずに稜線に出ることが出来た。稜線は富山県と岐阜県の境界である。だからか? 稜線上には刈り開けた道があった。
 この稜線を北上したところに私が生まれ、育った大津山があった。人里離れた山の中に1000人が住んでいた。今風に言うと「ぽつんと300軒」(?)である。


ギンリョウソウ(ユウレイソウ)

 頂上までの道にも小さな灌木が生い茂り始めていたので、刈り開けて行く。アップダウンを繰り返しながら、12時30分、頂上に出た。
 冬季は360度見渡せるのだが、この季節は無理。


池ノ山頂上広場  池ノ山→池の山→私の山(^_^;)

 チェンソーで頂上広場を少し刈り開けた。10人ぐらいは座ってランチを撮れるぐらいの広場になったと思う。


頂上の周りを少し整備した

 12時55分、頂上を後にした。刈り開けたこともあり、25分で取り付きまで戻る。


ペンペングサ(?)

花の水滴が魚眼レンズのよう

 池の山は標高もたいしたことがなく、視界がいいわけでもない。三角点も三等でしかない。登山道もない。人気がある山とは思えない。
 唯一、頂上直下にノーベル賞受賞のニュートリノ発見の装置「カミオカンデ」があることぐらいだ。
 ただ、私にとっては子供の頃から慣れ親しんだ「池の山」(私の名前の山)なのである。


こちらへ来たら寄ってしまう茂住谷の石仏群

 子供の頃の記憶だが、鉱口からの登山道の途中に池があった。「池ノ山」の名前の由来はこれかもしれない。
 「この池を掘り割って水を流し出し、池の魚を捕まえて食べた人が皆病気になった」という話(伝説?)も聞いたことがある。
 掘り割る以前の池は私が見た頃より、もっと大きかったのだろうか?