短歌は、家持(22歳)が紀女郎の歌に和して作り、贈った歌です。


次へのリンク

あぢさゐ

短歌は、左大臣橘諸兄が引退する際、宴で詠んだ歌です。

トップ へのリンク

「ねむ」の木

花樹のページ