富山生きる場センターとは

NPO法人自立生活支援センター富山による運営と、利用者の主体的な活動を通じて地域社会の中でさまざまな人とふれあい、障害者の完全参加と平等を実現していきます。運営経費は会費、作業収益、公的助成金、寄付金等によってまかなわれています。また作業収益の一部は利用者に還元されます。


開所日

毎週月曜〜金曜日 午前10時〜午後4時まで

土・日・祝日休み


沿 革

1985年 「生きる場センター」発足(廃品回収・バザーを中心に)
1987年 「富山生きる場センター」に改称(パソコン・ワープロ導入)
1988年 富山県・富山市の補助金を受けて運営
1992年 在宅勤務制度導入(在宅の障害者へ仕事提供)
1994年 低料第三種郵便物の認可を受ける
1995年 10周年記念イベント開催
2004年 NPO法人自立生活支援センター富山の傘下に入る
2008年 作業所から地域活動支援センターV型へ移行


情報の提供について

生きる場センターでは、このホームページの他にブログやフェイスブック(https://www.facebook.com/ikiruba/)、機関誌でも情報を発信しています。

暑中お見舞い申し上げます。


Designed by CSS.Design Sample