沿革
-----
 

昭和22年8月 北陸電気工事工業組合連合会設立
  所属3県電協組の組合員数:184名
  初代理事長に金子茂就任
昭和23年4月 北陸配電株式会社と配電工事委託の基本契約締結
昭和23年6月 福井震災による配電線復旧工事に協力
昭和25年9月 理事長制を廃止し、会長制に。初代会長に中村信二郎が就任
昭和27年8月 5か年無事故無災害優良組合員表彰開始(平成元年から10か年)
昭和31年5月 会長に米沢外秋就任
昭和31年7月 北陸電気工事協同組合連合会と改称
昭和38年4月 労災補償共済制度発足
昭和39年8月 北陸電気工事組合連合会と改称
昭和40年4月 所属3県電工組の組合員数1,000名突破(1,020名)
昭和46年8月 電気工事サービスセンターを設置
(平成元年から電気設備保守センターに名称変更)
昭和47年9月 連合会創立25周年記念式典
昭和51年11月 一般用電気工作物保守管理業務開始
昭和55年4月 所属3県電工組の組合員数1,500名突破(1,508名)
昭和57年11月 北陸三県電気工事業厚生年金基金設立
昭和59年4月 引込線工事施工者専門化
昭和59年11月 配電工事業者安全大会の開催開始
昭和60年10月 第3回電気工事業全国大会と'85電気工事業北陸大会を金沢市で開催、北陸電工連青年部連絡協議会設立
昭和63年5月 連合会創立40周年記念式典、四十年史刊行
平成元年1月 第一種電気工事士資格取得講習受託開始
平成元年12月 20か年無事故無災害優良組合員への北陸電力社長表彰始まる
平成2年10月 配電工事管理システムの運用開始
平成5年10月 第一種電気工事士定期講習受託開始
平成6年10月 配電工事安全技能競技会の組合単独開催開始
平成7年6月 鋼管引込小柱推奨制度運用開始
平成8年1月 光ファイバー接続教育開始
平成9年7月 北陸地区電気エネルギーを考える会設立
平成9年8月 北陸電力お客さまサービス施工店(eドクター)制度新設に伴ない協力開始
平成9年10月 連合会創立50周年記念式典、五十年史刊行
平成9年10月 第14回電気工事業全国大会が金沢市で開催
平成9年10月 ホームページ開設
平成10年5月 大規模災害時における復旧応援指針制定
平成10年9月 デジタル第3種工事担任者試験の受験準備講習会開始
平成13年1月 米沢会長逝去のため小林副会長が会長代行
平成13年4月 所属3県電工組が北陸電力から一般用電気工作物調査業務を受託開始
平成13年5月 会長に小林稔就任
平成13年7月 所属3県電工組が北陸電力から計器取次店業務を受託開始
平成13年10月 提案型技術営業キャンペーン開始
平成17年1月 情報ネットワーク施工プロフェッショナル(iNIP)資格の検定講習開始
平成17年4月 個人情報保護のための安全管理措置を整備
平成18年10月 第23回電気工事業全国大会が富山市で開催
平成21年5月 会長に米沢寛就任

平成26年6月

電気工事技能競技北陸大会開催開始