■アクセスカウンターのご利用方法■

 ホームページを開設された方が、御自分のホームページにアクセスが何回あったか把握できるよう、FITWebではアクセスカウンターをご利用いただけるようにしております。クロックもご利用になれます。

1.カウンターファイルを作成する

 カウンターをご利用になる際、アクセス数を記録しておくカウンターファイルが必要になります。このファイルはホームページ開設時にFITWeb側で作成しております。ファイル名はホームページ開設お知らせ時に併せてご通知いたします。

注:1 カウンタファイルは1契約につきおひとつとさせていただきます。
注:2 クロックのご利用にはこの作業は必要ありません。

2.カウンター/クロックをホームページにはりつける

 あとは呼び出すだけ。HTMLファイルの表示したいところに以下のように1行を追加してください。

簡単なカウンターのはりつけ方の例
<img src="/cgi-bin/count.cgi?df=xxxxxxxx">

オプション付きのカウンターのはりつけ方の例 :
<img src="/cgi-bin/count.cgi?ft=3|frgb=255;150;255|md=6|dd=A|df=xxxxxxxx">

(注)df=xxxxxxxxの部分に1で作成したファイル名が入ります。オプションの詳細は3をご覧ください。

簡単なクロックのはりつけ方の例
<img src="/cgi-bin/count.cgi?display=clock">

3.カウンター/クロックのオプション

 カウンター/クロックのオプションは以下の通りです。

Parameter Name Description Default
display=X Specifies what to display. counter, clock, date を選択します。clock はそのサイトの 現在時刻、dateは日付です。ただし、clock や date が使えるのは styleA, D, Eだけです。 display=counter
timezone=X Specifies timezone. タイムゾーンの設定です。世界標準時にするときはtimezone=GMTです。日本標準時はtimezone=GMT-9にします。(普通は設定しません) そのサイトの時間になります。
dformat=X Specifies date format. display=dateのパラメータを指定したときに有効です。Xの部分にはMMDDYY(Month-Day-Year) dformat=ddmmyy, dformat=YYMMDDなどと書きます。 dformat=MMDDYY
ft=X Frame Thickness 枠のふとさです。単位はドットで指定します。 ft=6
frgb=R;G;B Frame Color 枠の色です。RGB,もしくは16進数で指定します。 frgb=100;139;216 or
frgb=648bd8
tr=N Transparency On/Off バックグランドの透明化です。YはON, NはOFF。trgb と一緒に使います。 tr=N
(透明化しない)
md=X Max Digits 最高桁数を指定します。(設定可能桁値 5〜80) md=6
dd=A Digit Directory 文字のスタイルA〜Eがあります。
  • A:大きなデジタル
  • B:活字風
  • C:手書き風
  • D:小さなデジタル
  • E:さらに小さなデジタル
dd=A
sh=B Show digits F だと、カウンターの絵が表示されません。数だけ、記録していきます。 sh=T
df=data_file Datafile to store count FITWebで作成したファイル名を指定してください。 display=counter のときは
ファイル名必須
lit=X Display literal Xの値を表示します。 None
degrees=X Rotate X degrees 回転します。Xには90, 180, 270, 360 が入ります。
(縦方向や逆さの表示が行なえます。)
degrees=270

このカウンタは Muhammad A Muquit と Kevin J. Walsh により作成された wwwcount.2.2 を利用しております。より詳細な情報は 作者のホームページをご参照ください。